PAGE
TOP
新人チャットレディ向けお役立ちメディア
153 view 働き方 チャットレディ メリット
公開日:2019/10/29|最終更新日:2019/10/29

チャットレディで本当に学費は稼げる?稼ぐコツから注意点まで解説

チャットレディで本当に学費は稼げる?稼ぐコツから注意点まで解説

学生が学費を稼ぐ手段として、最も一般的な方法はアルバイトです。しかし、アルバイトやパートは基本的に1時間に1000円程度しか稼ぐことができません。そこで、短時間で稼ぐことのできる職業として、学生におすすめの職業が「チャットレディ」です。

そこで今回は、チャットレディが本当に学費を稼ぐことが可能なのか、コツや注意しなければならないポイントを含めて紹介します。学生をしながら、チャットレディで高収入を得たい方はぜひ参考にしてください。

alice

1.チャットレディで本当に学費は稼げるの?

先に結論を述べると、チャットレディで学費を稼ぐことは可能です。
チャットレディは、コンビニやスーパーのレジ打ちといったアルバイトをするよりもお金を稼ぎやすい職業で、月に50万円以上稼ぐチャットレディも実際に存在します。

高収入を得ているチャットレディの中には、学費を稼いでいる学生も存在しています。学生は主婦やOLと比べると年齢層が低く、若さで勝負できる点が魅力です。

1-1.チャットレディで学費を稼ぐメリット

前述したとおりチャットレディは、一般的な学生のアルバイトよりも稼ぐことが可能です。アルバイトではなく、チャットレディを行うことによる長所を3つ紹介します。

①短時間から働ける
学生が普通にアルバイトをする場合、3〜4時間からのシフトでしか入れないことが大半です。加えて、急にサークルやゼミの用事が入ったとしても、アルバイトのシフトが入っていれば参加できなくなってしまいます。
しかし、チャットレディは基本的に短時間から勤務することができるほか、シフトも自由に決めることができるため、長時間拘束されずに稼ぐことが可能です。勉強の合間など、隙間時間を有効活用して学生生活を送ることができるでしょう。

②自分の好きなタイミング・場所で働ける
アルバイトの場合、アルバイト先に行ってタイムカードを押して、働きはじめるということが基本です。それに加え、雨が降っていたりしたら、アルバイト先の店舗に行くだけで億劫になってしまう方も多いでしょう。
しかし、チャットレディは通勤の必要がなく、部屋にいながらスマホやパソコンで稼ぐことが可能です。通勤時間がもったいないと感じる方や、外出が面倒だと感じる方にとって、非常におすすめだと言えるでしょう。

③生活にゆとりを持てる
アルバイトをしながら学費を稼ぐ場合、時給の高い深夜にシフトを入れてしまうことが多いです。深夜に働くことで次の日の1限に登校できなくなってしまい、学校とアルバイトの両立が不可能となります。
一方で、チャットレディであれば、短時間で副業として高収入を得ることが可能です。短い時間で働きつつ、しっかり学業や遊ぶ時間も確保できるでしょう。

2.チャットレディで学費を稼ぐ3つのコツ

チャットレディとして働く場合、事務所選びは慎重に行わなければなりません。
事務所によっては給料が払われないことや、簡単に辞められないことがあります。働き初めてから、運営スタッフへの不信感を抱かず気持ちよく働けるよう、事前に体験談や評判、さらに口コミ等のリサーチを行いましょう。

ここからは、チャットレディで学費を稼ぐ3つのコツを紹介します。

2-1.パーティチャットを利用する

チャットレディの仕事は大きく分けて「パーティチャット」と「2ショットチャット」の2つがあります。

2ショットチャットとは、1人の男性と1:1で会話をするチャット方法です。2ショットチャットとは反対に、同時に多くの男性と会話するチャット方法がパーティチャットとなります。

1人あたりの報酬単価は2ショットチャットの方が高額です。
しかし、パーティチャットで3人以上の男性と会話する場合、2ショットチャットよりも高額な報酬を受け取ることができます。

パーティチャットは多くの男性を引き止めるための工夫が必要です。しかし、大人数を相手にすればするほど報酬は一気に高くなります。

2-2.複数のサイトに登録して同時ログインをする

チャットレディの仕事は、常にあるわけではありません。男性がいない場合、待機している必要があります。稼ぐためには、待機時間をできる限り減らし、男性と積極的に会話しなければなりません。

待機時間を減らすためには、「同時ログイン」という方法がおすすめです。
まず、複数のチャットレディサイトにログインして、それぞれのサイトで男性を待ちます。どちらかのサイトに男性が訪れれば、それ以外のサイトからログアウトし、男性と話し始めるという手法です。
この同時ログインという方法を利用して待機時間を極力減らすことで、より効率的に稼ぐことができるでしょう。

しかし、同時ログインはほとんどのサイトで禁止されています
同時ログインを行っているチャットレディも少なくありませんが、バレてしまうとそのサイトで稼げない可能性があるため、同時ログインをしてもかまわないサイトで行いましょう。

2-3.稼ぎやすい時間帯を狙ってログインする

チャットレディは稼ごうと思ってログインしたにも関わらず、利用男性が少なく、稼げないということもあります。効率良く稼ぐためには、男性の多い時間やチャットレディの少ない時間帯にログインすることをおすすめします。

●【稼げる時間帯①】深夜1時
家庭を持つ男性は帰宅後、家族と過ごすことが多いでしょう。そのため、19時から23時ごろは男性のログインが少なくなり、子どもや妻が寝静まる時間になってからログインすることが多くなっています。特に深夜1時は、多くの家が寝静まっている時間であるため、稼ぎ時だと言えるでしょう。

●【稼げる時間帯②】早朝
深夜1時はサイトを利用する男性が多いために稼げる時間帯と言われていますが、チャットレディの少ない時間帯もおすすめです。深夜1時はライバルのチャットレディが多く、どれだけ利用男性が多くても他のチャットレディに流れてしまいます。しかし、他のチャットレディの少ない早朝であれば、自分のチャットに遊びに来てもらえる可能性が高く、稼ぎやすいと言えるでしょう。

3.チャットレディで学費を稼ぐ際の注意点

チャットレディにはさまざまなメリットがあり魅力的に見えますが、チャットレディならではの、注意しなければならないポイントもいくつかあります。

まず、安全性という観点から「個人情報の取り扱い」に注意しなければなりません。
会話する相手は全く知らない男性会員です。個人情報をむやみに教えてしまうと、ストーカーなどといったトラブルの危険性があります。
学生というブランドを活かして働く場合、大学名は必ず伏せるようにしましょう。

また、学業はもちろん、自分の都合に合わせることも重要です。友人との約束や自身の体調管理をしっかり行った上で働くようにしましょう。なぜチャットレディとして働き始めたのか、生活にゆとりを持つためなど、本来の目的を常に頭の隅に置いておくことが大切です。

3-1.得た収入をすぐに使わない

チャットレディの仕事は日払いや数日後に報酬をもらうことが可能です。しかし、すぐに得た収入を使ってしまうと、金銭感覚が麻痺してしまう可能性があります。

チャットレディのお仕事は、1日に数万円を稼げるお仕事です。そのため、稼いだお金をその日に全て使ってしまうというチャットレディも少なくありません。さらに、稼いだ当日にお金を使いはたしてしまった場合も、「また稼げば大丈夫」と思いがちです。
このように金銭感覚が麻痺してしまい、大学卒業後も金銭感覚が戻らないということもあり得ます。

また、金銭感覚が麻痺してしまうと学費が払えなくなる可能性もあります。学費を稼ごうとしてチャットレディを始めたものの、報酬をすぐに使ってしまい、結果的に学費が払えなくなることがあります。学費として納める分は必ず貯金しておきましょう

3-2.確定申告は必ず忘れずに行う

一般的な会社員やアルバイトの場合、税金は給料から自動的に差し引かれます。しかし、業務委託として働くチャットレディは、もらった報酬から自身で税金を納めなければなりません
税金を納めるためには確定申告が必要ですが、確定申告を忘れると親に知られてしま鵜だけでなく、法に触れる可能性が高くなります。

絶対に親に知られないようにしたい場合、報酬額を38万円以下に抑えるようにしましょう。38万円を超えると親の扶養から外れ、親の納める税金が高くなります。これにより、「普通のアルバイトをしていない」ということが知られてしまいます。
チャットレディ以外にもアルバイトをしている場合、扶養内の限度は38万円ではなく、20万円である点にも気をつけておきましょう。

まとめ

いつでも自分の働きたい時に働くことができるチャットレディは、学費を賄うための職業として多くの学生から人気を集めています。パーティチャットや稼ぎやすい時間帯を狙うことで、より効率的に稼ぐことができるでしょう。

現在、日本ではチャットレディプロダクションが数多く存在しています。自分に合う・合わないをきちんと考えた上でプロダクションを選ばなければ、思った以上に稼げないということも考えられます。

プロダクションによっても、学生に向いているプロダクションや社会人、さらには30代以上に向いているプロダクションもあるため、まずは自分に合ったプロダクション選びから始めましょう。

コメント

各エリア

ランキング

おすすめ記事

RSSリーダーで購読