PAGE
TOP
新人チャットレディ向けお役立ちメディア
view 働き方 チャットレディ メリット
公開日:2020/12/14|最終更新日:2020/12/14

在宅ライブチャットレディとは?仕事開始までの流れと必要な設備も

在宅ライブチャットレディとは?仕事開始までの流れと必要な設備も

チャットレディは、短時間でも高収入が期待できる職業として、女性からの人気が高まっています。
そして、チャットレディの働き方には、大別して通勤と在宅の2種類がありますが、より時間を自由に活用できる在宅チャットレディは日増しに人気が高まっている状況です。

そこで今回は、在宅チャットレディを始めるまでの主な流れと、事前にそろえておくべきものを4つ紹介します。在宅チャットレディのメリット・デメリットについても解説するため、在宅チャットレディに興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

alice

 

1.在宅チャットレディとは?

在宅チャットレディは、自宅のパソコンやスマホなどからライブ映像を配信し、日本全国の男性会員とコミュニケーションを取ることで収入を得ます。

男性会員とは直接会うことがなく、身元を明かさなくとも働けるとして、女性に人気の高い在宅ワークの一つです。各ライブチャットサイトに登録し、チャットが成立した時間や男性会員が使用したポイントに応じて報酬を受け取れる仕組みとなっています。

各ライブチャットサイトに直接登録するか、チャットレディの代理店経由で登録することで、在宅チャットレディとして働くことが可能です。

 

1-1.在宅チャットレディを始めるまでの主な流れ

ここでは、在宅チャットレディを始めるまでの、主な流れを解説します。
ライブチャットサイトへ直接登録する場合も、代理店を通して登録する場合も、基本的な流れは同じです。
ただし、どちらの場合でも、18歳未満及び現役の高校生は、チャットレディとして働くことが法律などで禁じられています。

サイトに登録する際の大まかな流れは、下記のとおりです。

①サイトへの問い合わせ・登録 ライブチャットサイトへの直接登録、代理店経由での登録ともに、公式サイトの「在宅チャットレディ募集ページ」から応募します。 各サイト・代理店によって詳細は異なりますが、応募の際には、下記の情報が必要です。
・氏名
・住所
・連絡先
・身分証明書

②Web面接の実施 各サイト・代理店のスタッフから連絡が入り、Web面接に進みます。本人であることと、年齢の確認が取れれば、本登録は完了です。
代理店によっては、店舗などで直接面接が行われることもあります。

③インターネット環境の確認 実際の仕事を想定した、Webカメラの設定やインターネット環境の確認が必要です。
チャットに参加できる環境が整っていれば、即日仕事を開始できます。

➃プロフィールの登録 サイトから発行されたID・パスワードでログインし、トップ画像やプロフィールを登録しましょう。

⑤仕事開始 サイトへの登録が滞りなく済んだら、いつでも仕事を始められます。

 

2.在宅チャットレディを始める際に必要なもの4つ

在宅でチャットレディを始める際は、下記4つのものを用意する必要があります。

在宅チャットレディを始める際に必要なもの
パソコン

各サイトが定めている基準をクリアするためには、下記スペックのパソコンを確保しましょう。
OS:Windows8.1/10
CPU:2.2GHz以上
メモリ:4GB以上
コア数:2コア以上

Macやスマホはサイトによって動作環境外であるため、これから購入する場合はWindowsがおすすめです。

Webカメラ パソコンに搭載済みのカメラでも、十分な機能を備えています。
購入する場合は、後から角度を調整できて、取り扱い方法が分かりやすいカメラを選びましょう。
サイトや代理店によってはレンタルが可能です。
ヘッドセット パソコンに搭載されているマイクでは、声を拾いにくいことや、周囲に音が漏れる可能性が高くなります。
動きながらでも会話が続けられる、ヘッドセットがおすすめです。
照明 部屋の電気だけではなく、間接照明やスタンドライトの光を利用して、カメラ映りを調整しましょう。
照明に昼白色や昼光色を選択し、1m以上離れたところから照らすことで、カメラ映りは格段に良くなります。
Webカメラと一体型のリングライトなどがおすすめです。

在宅チャットレディの場合は、男性会員にとって「理想的な女の子」を演出するために、部屋の内装にもこだわらなければなりません。 また、メイクや服装などに気を配ることが大切です。カメラに写っている自分自身の姿をチェックしながら、色々と試してみましょう。

 

3.在宅チャットレディのメリット・デメリット

在宅チャットレディを始める際は、あらかじめメリット・デメリットを把握することで、スムーズに仕事を開始できます。

チャットレディの仕事は、登録するサイトによってサービスの内容や、ポイントの還元率が異なります。 また、在宅と通勤でも各条件が異なる場合があるため、通勤チャットレディと比較することも大切です。

ここでは、在宅チャットレディのメリット・デメリットを解説します。

 

3-1.メリット①時間を有効活用できる

在宅チャットレディのメリットとしては、好きな時間に働けることが挙げられます。出勤日や拘束時間といったシフト・ノルマがなく、「洗濯機を回している間だけ」や「出かけるまでの間だけ」といった、ごく短時間からでも仕事が可能です。

自宅で仕事が行えるため、通勤の時間をそのまま仕事の時間へ回せます。仕事に充てる時間帯や、休日・休憩も自分のペースで自由に組めることから、本業としても副業としても時間の有効活用が可能です。

 

3-2.メリット②通勤型より報酬相場が高い傾向にある

在宅型と通勤型で、チャットレディの仕事内容は変わりません。しかし、在宅型のほうが、報酬率の設定で10%以上高い傾向にあります。

報酬率に差が出る理由は、通勤の場合は店舗の維持費や人件費も含めて報酬から引かれる形で支払われるためです。
長期間働く場合は、数十万円以上の差となる場合があるため、報酬単価にこだわる人には在宅型が人気です。

 

3-3.デメリット①初期費用がかかる

在宅でチャットレディの仕事を行うためには、動画を配信できるインターネット環境と機材をそろえなければなりません。

インターネット環境やパソコンのスペックが不十分な場合は、ライブチャットの実施が不可能です。 また、パソコンにWebカメラやマイクの機能が付いていなければ、追加で機材を購入する必要があります。

 

3-4.デメリット②通勤型より身バレリスクがやや高い

在宅チャットでは、Webカメラの映像に部屋の内装や小物が映り込むため、窓の景色から住所を特定されたり、持ち物から知人にバレたりすることがゼロではありません。
身バレを防ぐためには、カメラに映る範囲に個人情報が分かるものや、チャットに関係ないものを置かないなどの自己管理が重要です。

また、同居する家族に話の内容を聞かれたり、パソコンの閲覧履歴を見られたりする可能性もあります。

チャットレディとして働く際に通勤・在宅でどちらの勤務場所を選んだとしても、メリット・デメリットがともに生じます。 人によって働きやすい環境が異なるため、自由な働き方を選択できる代理店に登録することがおすすめです。

 

4.在宅チャットレディとして働く際は「代理店」を通すことがおすすめ

在宅チャットレディとして働く際には、直接ライブチャットサイトと契約する働き方よりも、代理店を通す働き方がおすすめです。

代理店には、在籍するチャットレディが働きやすいように、サポートスタッフが常駐するところや、教育制度を設けているところが少なくありません。
また、安全性が高く稼ぎやすいサイトの選別が行われており、提携している複数の優良サイトから好きなサイトへ登録できます。

「チャットレディアリス」では、上記に加えて独自のマニュアルやコミュニティサイトから、初心者でも稼ぎやすいノウハウやテクニックを入手可能です。充実したボーナス制度や税金対策のサポートも受けられ、通勤・在宅のどちらでも働けます。
在宅の場合は、報酬のアップや機材のレンタルも可能であるため、在宅チャットレディを希望する人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

チャットレディは、パソコンなどで男性会員と画面越しにコミュニケーションを取ることで報酬が発生し、短時間でも高収入が得られる職業として人気です。

在宅で働く場合は、通勤よりも報酬相場が高く時間を有効に活用できる半面、環境や機材を整える費用がかかり、身バレするリスクもやや高くなります。

多くのサイトから、稼ぎやすく安全なサイトを選別する手間がかかるため、代理店を通す働き方が効率面からおすすめです。
在宅チャットレディとして働く場合は、さまざまなサポートが受けられ、機材のレンタルも可能な「チャットレディアリス」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

人気店

各エリア

ランキング

おすすめ記事

RSSリーダーで購読