PAGE
TOP
新人チャットレディ向けお役立ちメディア
124 view リスク トラブル
公開日:2019/04/17|最終更新日:2019/08/08

チャットレディは危ない?3つのリスクからトラブル事例・回避策まで

チャットレディは危ない?3つのリスクからトラブル事例・回避策まで

チャットレディは、女性に嬉しい高収入バイトの一つです。仕事内容は、自宅や事務所などのパソコンとWebカメラを使って、男性と会話を楽しむだけという簡単なもので、現在多くの女性が始めています。

その稼ぎやすさ・気軽さからチャットレディは非常に魅力的ですが、当然リスクもあることを知っておきましょう。中でも、身バレは特に注意しておきたいリスクです。

今回は、チャットレディのお仕事にある3つのリスクから、実際に合ったトラブル事例、そしてトラブルの回避策まで徹底的にご紹介します。チャットレディのお仕事を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

alice

1.チャットレディは危ない?知っておくべき3つのリスク

自宅や事務所で高い収入を得ることができるチャットレディは、主婦や学生などの女性にとって気軽に働けるお仕事として、非常に注目を浴びています。
しかし、チャットレディは本当に安全なのでしょうか?まずは、チャットレディの3つのリスクをご紹介します。

〇個人情報の流出や身バレの可能性がある
通勤チャットレディは事務所でお仕事を行うものの、在宅チャットレディは自宅で仕事を行うことになっています。ライブ配信の際は、自分の顔だけでなく、お部屋の様子も見えます。
このとき、うっかり郵便物が近くに置いてあったり、部屋の窓から外の状況が見えたりすると、個人情報が特定されたり身バレする可能性もあるため、注意が必要です。

〇動画をキャプチャされてネット上に流されることがある
チャットレディを楽しむお客さんは、基本的に純粋に女の子との会話を楽しみたいと考える方が多いですが、中にはチャットでのやり取りを動画や画像でキャプチャする方もいます。
さらに、もしもそのお客さんと険悪な関係になってしまうと、その後ネット上に情報を流すなど、悪質な行為を行う可能性も0とは言い切れないでしょう。
また、ライブ配信をする女性からしても、お客さんが画面をキャプチャしていることを見抜くことは困難であることも留意しておかなければなりません。

〇金銭感覚が狂う可能性がある
チャットレディは一般的なアルバイトに比べて、時給は3倍以上にもなり、非常に稼げることが特徴です。そのため金銭感覚が狂ってしまい、一般的なアルバイトに戻れなくなってしまう可能性があります。
チャットレディはその仕事柄、OLやサラリーマンのように、キャリアを積みながらいつまでも働き続けられるわけではありません。また、お金使いが荒くなり、周りにチャットレディをしていることが知られてしまうケースもあります。

2.実際にあったチャットレディのトラブル事例

ここまでご紹介したとおり、男性とチャットするだけで収入を得ることができるチャットレディには、高収入というメリットがある一方で、身バレや金銭感覚の乱れなどのデメリットも存在します。

そしてここからは、実際にあったチャットレディでのトラブル事例を2つご紹介します。実際のトラブル例を見て、どのようにトラブルに発展していくのかをきちんと把握しておきましょう。

2-1.部屋に映ったカーテンからの景色で住所が特定されてしまった

未経験からチャットレディの仕事を始め、ちょっとずつ慣れてきたフリーターのAさんは、その日初見の男性(以下Bさん)とチャットをしました。
Bさんは、誰が見ても真面目そうな男性で、1時間ほど会話を楽しんでからチャットを終えました。

その後1週間ほど経った頃、Aさんは自宅近くでBさんを見かけ挨拶をしたのですが、なぜこんな場所で会うのだろうと疑問に思っていたところ、後日チャットで男性と話す機会があったため、尋ねてみることにしました。

すると男性は、「部屋に映っていたカーテンの隙間から見える景色で住所が分かった」とのこと。たまたま隙間が空いていたカーテンから外の景色を見られ、住んでいる場所を知られていたのです。

Aさんはそのとき、驚きと同時に危険性があることに気付きました。
それ以上Bさんからストーカー行為をされることがありませんでしたが、不安に思ったAさんは引っ越しをして、今は身元がバレてしまわないように細心の注意を払ってチャットレディを続けているそうです。

パソコンとWebカメラがあれば、誰でも簡単に収入を得られるチャットレディ。女性にとってとても魅力的な仕事であるものの、このような些細なことから身バレしてしまうケースもあります。

2-2.キャプチャされた写真がネット上に出回ってしまった

さまざまなタイプの男性と楽しく会話をするようになり、チャットレディの仕事を楽しんでいた女性大生のCさん。Cさんのお客さんには、少し度を超えていると言っても過言ではないほど、Cさんのことが気に入っているお客さん(以下Dさん)がいました。

ある日、Dさんとチャットしていた時のこと。Cさんは、パソコンの画面越しに映っているDさんが手元で何を操作しているかに気付かず、知らないうちにキャプチャされてしまっていました。

このことが分かったのは、ある日ふとスマホでサイトを見ていた時のこと。掲示板に、自分が映ったキャプチャ画像が張られていました。その写真でCさんが身につけていたアクセサリーは、Dさんとチャットをする際にしか付けていなかったため、犯人が誰か一瞬で判断できたのです。

Cさんは常に身バレ対策として、ウィッグをつけてみたり、いつもと違うメイクにするなどの対策をとっていたおかげで周囲の人にバレることもありませんでしたが、とても怖い思いをしたことは事実です。

チャットレディはパソコンを通して会話を行うため、相手がどんな操作をしているかについては知ることができません。全国の方が閲覧できるサイトにキャプチャを貼られるというケースもあるため、チャットレディで働くことを周囲に知られても別に良いという方でも、少なからず身バレ対策は行っておくことが大切です。

3.チャットレディで働く前に知っておきたいトラブル回避策

ここまで、チャットレディのリスクやトラブル事例をご紹介しましたが、もちろん、チャットレディはリスクばかりでトラブルに遭う可能性が高い仕事だというわけではありません。
チャットレディの仕事を安全に、かつ楽しく続けるためには、働く前にトラブル回避策についての知識を得ておくと安心です。

最後に、チャットレディを安全に続ける上で実践したい、2つの対処法についてご紹介します。

3-1.顔出しをしない・もしくはいつもと違ったメイクをする

トラブル事例にもあったように、チャットレディのお仕事でで多くの女性が恐れているトラブルが、「身バレ」でしょう。
身バレとひとことに言っても、「チャットレディをしているということが周囲にバレてしまう」「多数の方に個人情報が知られてしまう」など、さまざまなバレ方があります。

どのような身バレであっても、その後チャットレディとして働き続けることが困難となるケースも多いため、しっかり対策を行うことが重要です。

身バレしてしまうリスクを徹底的に減らしたい方は、「そもそも顔出しをしない」という選択をおすすめします。もちろん、顔出しをしているチャットレディの方が初見のお客さんはつきやすいものの、顔出しをしていないからと言って稼げないわけではありません。

そして、もし顔出しでチャットをする際は、以下の対策方法を行いましょう。

〇ウィッグをかぶる
人は、髪型を変えるだけで雰囲気もガラリと一変します。そのため、顔バレしたくないという人にとっては、身バレ対策に非常におすすめです。ウィッグは通販などで気軽に購入することができるため、数種類持っておくのも良いでしょう。

〇メイクを変える
女性は、アイラインやアイブロウ、さらにリップなど、メイク一つで大きく印象を変えることができます。いつもと違うメイクをするなどして、普段とは全く違う印象を演出しましょう。さらに印象を変えたいときは、カラコンもおすすめです。

3-2.事務所への通勤で働けるチャットレディ求人を選ぶ

身バレが不安な女性は、事務所への通勤で働けるチャットレディを選ぶという方法もあります。事務所に通勤する必要はあるものの、Webカメラに映った景色から、自宅や個人情報が特定される心配はありません。

在宅の場合は、普段意識することなく置いてある写真や郵便物、書類なども片付ける必要があります。用意された部屋で身バレを心配することなく、安心してチャットレディを続けられるという点では、通勤タイプのチャットレディがおすすめだと言えるでしょう。

また、普通の会社員のように自宅を出て職場に向かうため、家族にもバレにくいという点も、通勤チャットレディをおすすめする理由の一つです。
実際に存在するチャットレディの事務所は、普通の会社のオフィスなどと変わりはありません。周りに違和感を与えることなく、快適にチャットレディの仕事を続けることができるでしょう。

まとめ

チャットレディは、女性にとって簡単に高収入を得られる魅力的な仕事です。その一方で、身バレリスクがある点にはしっかり注意しておく必要があります。

今回の記事でご紹介したトラブル事例以外にも、さまざまな事例があります。しかしこれらはほとんどが事前の対策で避けられるもので、実際に何年間も顔出しでチャットレディをしているにもかかわらず、一度も身バレしたことがないという女性は何人もいます。

身バレが不安な方は、いつまでも安心して働き続けられるよう、ここまでの内容を参考に、ぜひ身バレ対策の方法を実践してみてください。

コメント