PAGE
TOP
新人チャットレディ向けお役立ちメディア
188 view チャットレディ リスク トラブル
公開日:2020/01/30|最終更新日:2020/01/30

ライブチャットに監視が必要な2つの理由とは?

ライブチャットに監視が必要な2つの理由とは?

多くのライブチャットサイトや事務所では、ライブチャットの様子を監視しています。そのため、チャットレディの仕事に興味があっても、ライブチャットを知らない人に見られることに抵抗を感じる方も多いでしょう。

しかし、ライブチャットの監視は、興味本位で実施されているのではありません。チャットレディが安心して働ける環境を構築するために、監視は行われています。

今回はライブチャットが監視される理由から、チャットレディがライブチャット中に注意すべきことまで、まとめて紹介します。

alice

1.ライブチャットの監視理由と監視している人とは?

ライブチャットを運営しているサイト・事務所の多くは、スタッフにライブチャットを監視させるなど、チャットレディと男性会員がチャットしている様子をモニターできる体制が整っています。

「監視」と聞くと不安に感じる方もいますが、ライブチャットの監視はあくまでもチャットレディを守ることが目的です。決してライブチャットの様子をのぞき見しているわけではありません。

ここからは、サイトや事務所がライブチャットを監視している理由を2つ解説します。

1-1.監視理由①チャット中に違反行為が行われていないかの確認

ライブチャットを監視する第一の理由は、チャット中に違反行為が行われていないかチェックするためです。

基本的に、下記はライブチャットサイト・事務所において違反行為とされています。

【違反行為の例】

  • ・待機中に仮眠をとるなど、自分勝手な行動をする
  • ・男性会員がログインしているのに、チャットを行わない
  • ・男性会員と連絡先を交換する
  • ・待機中またはチャット中に性器を露出する

チャットレディに多い違反行為が、業務と関係のない個人的な行動です。まだライブチャットに慣れていないチャットレディの場合、知らないうちに違反していることもあるため、サイトや事務所は確認の意味を込めてライブチャットを監視します。

そのほかに問題となりやすい行為は「男性会員と連絡先を交換する」「モニター画面に性器を露出する」です。
連絡先の交換・性器の露出のどちらも犯罪に繋がる恐れがあります。

  • 男性会員との連絡先交換 >>> 個人情報の特定によるストーカー被害
  • 性器の露出 >>> 公然わいせつ罪

チャットレディが犯罪に遭う危険を避けることも、ライブチャットの監視を行う目的です。

違反行為に対する措置は、メールや電話での注意など、ライブチャットサイトや事務所により異なります。違反行為を繰り返す場合は、強制退会や警察への通報の恐れもあるため、注意してください。

1-2.監視理由②チャットの指導を行うために確認

ライブチャットを監視するもう一つの理由は、チャットを指導するためです。
チャットレディが働きやすくなるよう、ライブチャットサイトや事務所のスタッフがチャットの内容をチェックし、適宜アドバイスします。

チャットレディを始めたばかりのときは、どのような女性でも戸惑うことが多いでしょう。
ライブチャットはモニター越しに男性会員と会話するため、カメラ映えする映像の撮り方にはコツがあります。

魅力的に見えるカメラ・照明の角度、カメラ映えするメイクを工夫するだけで、モニター越しに映るチャットレディの印象は大きく変化します。

ライブチャットの監視は、映像の撮り方のコツを適切にアドバイスするための情報収集の場です。

2.ライブチャットを監視していないサイトや事務所はむしろ問題

ライブチャットの監視は、チャットレディが犯罪に巻き込まれないようすること、またチャットレディの魅力を向上させることが目的です。
つまり、ライブチャットを一切監視していないサイトや事務所は、問題があると言えます。

【ライブチャットを監視しないサイトや事務所の問題】
  • ○チャット中に犯罪行為があっても対応してもらえない
    いくらアダルトな内容が許容されているジャンルでも、画面に映せるものには制限があります。ライブチャットが監視されなければ、チャット中に犯罪行為があっても対応してもらえず、最悪の場合はチャットレディが逮捕される恐れがあります。
  • ○チャットレディのケアが不十分で、スキルアップできない
    ライブチャットサイトや事務所が監視しないことは、チャットレディにチャット内容をフィードバックするなど、サポート体制が整っていないことを示します。第三者による指導がないと、チャットレディとしてのスキルアップが難しい場合もあります。

違反行為や犯罪行為が日常化している場合、ライブチャットサイトが突然に閉鎖される恐れもあり、安心して働くことはできません。

もちろん、自分自身の努力も必要ですが、第三者からのアドバイスはスキルアップに欠かせない要素です。チャット中の監視がなく、簡単なPC操作しか教えてくれないライブチャットサイト・事務所なら、違うサイト・事務所へ移籍することをおすすめします。

3.チャットレディ側でライブチャット中に気をつけるべきこと

ライブチャット中は、入室してくれた男性会員だけでなく、ライブチャットサイト・事務所からも「見られている」という意識を持つことが大切です。
チャットレディとして高収入を得るためにも、可能な限り下記の行為をしないよう注意してください。

  • ・違反行為をしない
  • ・トラブルに繋がるような煽り方をしない

最後に、チャットレディがライブチャット中に気をつけるべき行為を解説します。

3-1.違反行為をしない

ライブチャットの監視対象は、男性会員に限らず、チャットレディも該当します。
多くのライブチャットサイトで共通する違反行為は下記の通りです。

  • ・性器の露出
    性器の露出は、ライブチャットサイトや事務所の違反行為となるだけでなく、公然わいせつ罪として取り締まりを受ける恐れがあります。男性会員から性器を見せてほしいと言われても、絶対に応じないでください。
  • ・連絡先の交換
    ほとんどのライブチャットサイトや事務所では、男性会員との連絡先の交換を禁止しています。ライブチャットは出会い系ではありません。男性会員に連絡先を教えると、身バレするリスクも高くなるため、連絡先を聞かれたら、うまく話題を変えましょう。
  • ・第三者の出演
    第三者を画面に映すことを禁止しているライブチャットサイト・事務所もあります。小さな子どもがいる在宅チャットレディは、チャット中に子どもが画面に映らないよう配慮が必要です。第三者の声が入ることも違反対象となるため、状況次第ではチャットを音声からタイピングに切り替えることをおすすめします。
  • ・公共の場でのチャット
    自宅のベランダや公園、ネットカフェなど、公共の場でのライブチャットも違反行為と定められている場合があります。他人から見られる可能性のある場所ではライブチャットを行わないよう注意が必要です。

どのような行為が違反行為となるかは、各ライブチャットサイト・事務所によって異なります。「知らず知らずのうちに違反行為をしていた」とならないよう、ライブチャットを始める際は、あらかじめサイトや事務所の規約を確認しておきましょう。

3-2.トラブルに繋がるような煽り方をしない

違反行為とともに気をつけたいポイントが、ライブチャットでの煽り方です。

チャットレディの仕事に慣れてくると、男性会員の興味を引くために、さまざまなテクニックを活用することがあります。
しかし、「男性会員がチャットレディと恋人同士だと勘違いしてストーカーになる」「なかなか連絡先を教えてくれないことに逆上する」など、過度に思わせぶりな行動をとると、男性会員とのトラブルに発展しかねません。

男性会員とトラブルになった場合、ライブチャットサイトは監視注意者としてチャットレディをリストアップし、より厳しくチャット中の様子を監視する恐れがあります。

男性会員とのトラブルを避け、ライブチャットに支障をきたさないためにも、過度な煽りは避けましょう。

チャットレディが安全に働くためには「違反行為をしない」「トラブルに繋がる煽り方をしない」という2点に注意が必要です。ルールやモラルを守ったライブチャットを心がけてください。

まとめ

多くのライブチャットサイト・事務所では、チャットの内容を監視しています。ライブチャットの監視は、チャットレディを犯罪から守り、適切に指導することが目的です。
そのため、ライブチャットを一切監視していないサイト・事務所には問題があります。犯罪に巻き込まれるリスクが高いため、ライブチャットの監視がない場合は注意してください。

また、チャットレディにも、チャット中に気をつけるべきポイントがあります。違反行為・トラブルに繋がるような煽り方をしないことで、安全に高収入を得られるでしょう。

コメント

各エリア

ランキング

おすすめ記事

RSSリーダーで購読