PAGE
TOP
新人チャットレディ向けお役立ちメディア
131 view 税金 働き方
公開日:2019/04/18|最終更新日:2019/08/08

チャットレディでも確定申告が必要?基本的な流れから必要な準備まで

チャットレディでも確定申告が必要?基本的な流れから必要な準備まで

チャットレディを始めてみたいけど、確定申告の有無や申請方法が分からず、一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

確定申告は、所得額や業務形態によって手続きが異なります。そのため、しっかりと自分にあてはまる手続き方法を把握することが大切です。

そこで今回は、確定申告の有無や基本的な流れ、さらに必要な準備までを詳しくご紹介します。家族や会社にバレずにチャットレディの仕事をしたい方は、必見です。

alice

1.チャットレディでも確定申告が必要?

チャットレディで一定以上の収入を得た場合、自分自身で確定申告を行い、税金を納めなければなりません。確定申告を行わない場合は脱税となってしまい、罰金などのペナルティが課される場合もあるため、要注意です。

家族や本業の会社にバレずにチャットレディを行う場合は、確定申告の方法や働き方に注意が必要です。周囲に身バレをしてしまわないためにも、事前に注意点を確認しておきましょう。

また、申告を行う基準は、チャットレディを本業で行っているのか、それとも副業で行っているのかで異なります。それぞれどのように異なるのかを、以下に詳しくご紹介します。

1-1.本業の場合は38万円以上の所得で必要

チャットレディを本業にしている場合、年間所得が1年間で38万円以上あれば確定申告が必要です。

チャットレディは、チャットサイトやプロダクションと雇用契約を結んでいるのではなく、業務委託という契約を結んでいます。
会社員のように雇用関係を結んでいる場合は自動的に給与から税金が天引きされますが、業務委託ではこのような源泉徴収(税金の天引き)が行われません。必ず自身で確定申告を行い納税をしましょう。

また、専業主婦や大学生の中には、家族の扶養に入っている方も多くいるでしょう。家族の扶養に入っている場合、年間38万円以上をチャットレディで稼ぐと扶養控除や配偶者控除から外れてしまい、家族に仕事がバレてしまいます。
家族にバレたくない方は、扶養範囲内の所得に抑えることが大切です。

1-2.副業の場合は20万円以上の所得で必要

副業でチャットレディを行う場合、1年間で20万円以上の所得があれば確定申告が必要です。収入を雑所得として申告しましょう。

確定申告を行う際には確定申告書Aという用紙を使用し、徴収方法を「普通徴収」で申告することがポイントです。
もし徴収方法を「特別徴収」にしてしまうと、副業分の税金を本業の会社経由で支払うことになり、勤務先の人にバレてしまいます。申告の際には必ず「普通徴収」にしましょう。

2.【チャットレディ】確定申告の基本的な流れと方法

確定申告の基本的な流れは下記となります。仕事を始める前に、事前に確認しておきましょう。

①1月1日~12月31日の収入を計算
確定申告を行うためには、自分が1年間でいくら稼いだのか所得を確認することが必要です。所得は収入から必要経費を引いた金額となります。まずは年間収入を計算しましょう。
収入が銀行振込の場合は、通帳の履歴から確認すると簡単です。手渡しで報酬を受け取る場合は、代理店から支払調書をもらうと収入額の把握がしやすいため、覚えておきましょう。

②1月1日~12月31日まで使った経費を計算
チャットレディの仕事で必要なものを購入した場合は、経費として計算することができます。経費を計上することで納税額が下がるため、購入時の領収書やレシート、クレジットカード明細などは必ず保管しておきましょう。
経費として認められる支出は市区町村ごとに微妙に異なりますが、経費は仕事を行うために必要な出費が認められやすい傾向にあります。
たとえば、パソコンやWEBカメラなどの機器代、コスプレ代などです。また、在宅でチャットレディを行う方は、インターネット代や家賃も経費として認められる可能性があります。経費になりそうなものは記録を残しておきましょう。

③確定申告に必要な書類を市役所や税務署でもらう
確定申告に必要な書類は、役場や税務署で配布しています。また、国税庁のサイトからもダウンロードすることが可能です。

④税務署の窓口に提出・郵送で提出
必要な書類の記入が終了したら、税務署の窓口に提出、もしくは税務署に郵送しましょう。また、時間がない方は、ネットで提出することができるe-Tax(電子申告)の利用もおすすめです。

2-1.住民税・所得税の算出方法

確定申告により次年度の住民税と所得税が決まりますが、どのくらいの納付額になるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
実は住民税と所得税には計算方法があります。事前に課税額を想定しておきましょう。

①住民税の算出方法 ②所得税の算出方法
課税所得金額(1年の収入から経費と基礎控除を引いたもの)の10%+年額5,000円 課税所得金額(1年の収入から経費と基礎控除を引いたもの)×税率-控除額

住民税は、所得額の約10%と年額5,000円程度の均等割額という固定金額となっております。住民税はほぼ全国一律で、所得額の10%前後と考えておくと良いでしょう。

所得税に関しては、所得額に応じて税率と控除額が変わります。下記の表であてはまる箇所を確認しましょう。

課税所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超~330万円以下 10% 97,500円
330万円超~695万円以下 20% 427,500円
695万円超~900万円以下 23% 636,000円

例えば、所得金額が200万円の場合、200万円に10%をかけて97,500円を引いた102,500円が所得税額となります。税金分の支払いがあるため、稼ぎを全て使わないように気をつけましょう。

3.確定申告をスムーズに行うための準備

確定申告をスムーズに行うためには、収入と経費をしっかりと管理しておくことが大切です。直前で焦ることがないように、万全に準備を行いましょう。

ここからは、確定申告の準備に向けて、初心者でもすぐにできる対策をご紹介します。

3-1.給料を記録しておく

チャットレディの収入を毎月しっかりと記録することで、確定申告をスムーズに行うことができます。給料を管理する際におすすめなのが、チャットレディ専用の銀行口座を作ることです。

また、振込手数料などの関係から、複数の銀行口座を利用している人も多くいるでしょう。
しかし、収入がバラバラに管理されていると、肝心な合計額の把握ができなくなる可能性があります。収入を一元管理しておけば、通帳履歴を見るだけで収入が一目瞭然となり、簡単に収入を把握できるでしょう。

3-2.経費に使った領収書を整理しておく

確定申告の際に経費で使用した領収書があれば、所得の算出が行いやすくなります。経費として購入したことを証明できる領収書は必ず保管しておきましょう。

もし領収書がない場合は、収入がそのまま所得額になってしまい、多くの税金を支払うことになってしまいます。普段、領収書はすぐに捨ててしまいがちですが、経費分の領収書に関しては慎重に扱いましょう。

また、領収書の中には経費になるのか自分では判断できない支出もあるかもしれません。そのような曖昧な支出も経費の一部になる可能性があるため、一旦領収書を保管しておくことがおすすめです。

領収書も一元管理をして、自分では判断できないものについては後々まとめて代理店のスタッフなどに質問してみましょう。

3-3.余裕をもって年末から少しずつ準備を始める

確定申告をスムーズに行うためには、余裕を持って少しずつ準備を始めることが重要です。確定申告の提出期間は毎年2月16日~3月15日の1ヶ月程です。

期限を過ぎて申告を行うと、ペナルティとして本来納付すべき金額の15~20%が加算される無申告加算税や、延滞税が加算されることがあります。

特に申請が初めての方や会社勤めで忙しい方は、準備に時間がかかることが予想されます。追加徴収がされないように、日頃から準備をしておきましょう。

もし、確定申告に対して不安なことがあれば、税務知識のある人に相談することも1つの方法です。確定申告の時期が近付くと、市区町村役場でも無料で確定申告の相談会が開催されることがあります。

さらに、チャットレディの代理店には、顧問税理士に相談できるサービスを展開しているところもあります。一人で手続きを行うことが心配な方は、このように税金面においてサポート体制が整っているチャットレディ求人に応募することをおすすめします。

まとめ

確定申告は一定以上の収入を得た場合、必ず自身で申告をしなければなりません。申告をしなかった場合、脱税としてペナルティが課されることもあるため注意が必要です。確定申告期間は約1ヶ月と短いため、日頃から収入と支出の管理をして準備をしましょう。

適切な確定申告を行ったり、扶養範囲内の所得におさえながら働くことで、バレる確率を大幅に下げることができます。会社や家族にチャットレディをしていることがバレたくない方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

コメント