PAGE
TOP
新人チャットレディ向けお役立ちメディア
view 働き方 給料 チャットレディ
公開日:2020/11/20|最終更新日:2020/11/20

チャットレディとキャバクラを徹底比較!仕事内容・給料・働きやすさ

チャットレディとキャバクラを徹底比較!仕事内容・給料・働きやすさ

チャットレディとキャバクラは、稼げる仕事として女性に人気です。高収入が期待できるため、働いてみたいと考える女性も多いでしょう。

しかし、チャットレディとキャバクラには似ている部分があるものの、仕事内容や給料面は異なります。働き始めてから後悔しないためにも、両者の違いを知っておくことは重要です。

今回は、チャットレディとキャバクラの違いを「仕事内容」「給料」「働きやすさ」の3つの観点で解説します。チャットレディとキャバクラのどちらで働くべきか悩む方は、参考にしてください。

alice

 

1.【一覧】チャットレディとキャバクラの特徴を比較!

チャットレディとキャバクラの特徴を一覧にまとめると下記の通りです。

チャットレディ キャバクラ
仕事内容
給料
働きやすさ
将来性

チャットレディの特徴は働きやすく将来性があることです。一方、稼ぎやすさはキャバクラのほうが高くなります。
しかし、働き方や努力次第で給料や働きやすさは変わるため、必ずしも上記の通りとは言い切れません。

次項では、上記のように比較した理由を解説します。

 

2.チャットレディ・キャバクラの「仕事内容」の違い

チャットレディとキャバクラにおける仕事内容の大きな違いは、「男性と直接顔を合わせるか合わせないか」です。

チャットレディもキャバクラも、男性を接客する仕事となります。相手の話を聞いてあげたり自分の話をして盛り上げたりなど、楽しいひと時を演出することがメインです。

しかし、接客における状況はチャットレディとキャバクラで大きく異なります。ここでは、具体的にどのような違いが見られるのか解説します。

 

2-1.【チャットレディ】男性と画面越しに楽しく話をする

チャットレディは、WEBカメラを介してライブチャットサイトの男性会員と会話をします。物理的に距離があるため体を触られるリスクがなく、喫煙男性のタバコのニオイに不快感を覚えることもありません。
直接会う必要がないため、お互いが気楽に会話できるメリットもあります。

一方、直接会わないことを逆手にとり、大胆な要求をする男性は少なくありません。女性を目の前にすると緊張してしまう男性も、ネット越しであれば緊張が少なくなり、アダルト行為を要求するケースもあります。
しかし、そのような場合は運営がサポートに入るだけでなく、キック機能で男性を退出させることもできるため、穏便に対処できる点がチャットレディの魅力です。

 

2-2.【キャバクラ】男性と対面でお酒を飲みながら話をする

キャバクラでは、男性と直接顔を合わせて接客を行います。一緒に楽しくお酒を飲んだり、ボディタッチをして男性をドキッとさせたりなど、会話以外の方法でファンを増やせることが特徴です。
場合によってはテンションの上がった男性が体を触ることもありますが、ボーイが助けてくれるため心配ありません。

指名がないときはフリーの接客や他キャストのヘルプにまわることがあるため、待機時間が少ない点もメリットです。

 

3.チャットレディ・キャバクラの「給料」の違い

チャットレディとキャバクラでは、給料システムにも大きな違いがあります。働き方も左右されるため、それぞれの給料システムを理解して自身に合うほうを選ぶことが重要です。

ここでは、チャットレディとキャバクラにおける給料システムの違いを解説します。どっちが稼ぎやすいかを見極めたい方は参考にしてください。

 

3-1.【チャットレディ】完全歩合制+人により稼ぎの幅が広い

チャットレディの給料システムは完全歩合制が一般的であるため、稼げるかどうかは女性の働き方に大きく左右されます。

チャットレディは、男性とチャットした時間に応じて報酬が発生する仕組みです。長く話せば話すほど報酬は上がり、接続されていない間は0円となります。安定性はありませんが、努力次第で大きく稼ぐことが可能です。

 

3-2.【キャバクラ】時給制+安定して高収入を得やすい

キャバクラは時給制を採用しており、働いた時間に応じて収入が決まります。時給分だけ収入が約束されているため、安定して働ける点が魅力です。
また、キャバクラは指名や同伴などのバックがつきます。時給に加えて歩合も入るため、工夫をすれば上限なしに稼ぐことも可能です。

キャバクラの時給は地域や店舗によって異なり、安いところでは時給1,500円程度、高いところでは時給5,000円程度のお店もあります。「月30万円稼ぎたいから時給3,000円くらいは欲しい」など、目標金額から逆算して必要時給を算出し、適切なお店選びをすることが大切です。

 

4.チャットレディ・キャバクラの「働きやすさ」の違い

24時間自由に仕事ができるチャットレディに対し、店舗を構えるキャバクラは営業時間に制限があります。労働における環境が大きく異なるため、自身のライフスタイルに合わせて働きやすいほうを選びましょう。

ここでは、チャットレディとキャバクラにおける働きやすさの違いを解説します。

 

4-1.【チャットレディ】隙間時間を有効に活用でき働きやすい

チャットレディは働く時間や働き方に対する自由度が高いため、肩の力を抜いて仕事に取り組むことができます。
チャットレディが隙間時間を活用しやすい理由は下記の通りです。

  • 24時間いつでもログイン可能のため、隙間時間に働ける
  • 通勤・在宅を選べる
  • 男性と顔を合わせないため、体を触られる心配がない
  • お酒を飲まなくても良い
  • 華美なドレスやヘアセットが不要で、仕事準備の手間が少ない

チャットレディは働き方に融通が利くため、本業が休みの日だけ副業をしたいOLや、隙間時間に自宅で仕事をしたい主婦などに人気です。

 

4-2.【キャバクラ】働くお店の環境により大きく異なる

キャバクラは経営者ごとに経営方針が異なるため、働きやすさも店内環境によってさまざまです。
例えば、キャバクラは男性とお酒を飲むことが多いものの、店舗によってはお酒を飲まなくて良いお店もあります。お酒が苦手な女性であれば、安心して働けるでしょう。
また、ショーがある店舗なら自分がアイドルになった気分を味わえるため、仕事に行くことが楽しくなります。

しかし、キャバクラは店舗の営業時間内でしか働けません。キャバクラの営業時間は夜がほとんどであるため、夜型のライフスタイルとなり体がつらいと感じる女性も多くいます。
ヘアメイクなどの出勤準備や店舗までの通勤など、仕事外で時間を費やすことも多いため、効率的に稼ぎにくい点がデメリットです。

総合的に見ると、働きやすさはチャットレディのほうが高くなります。

 

5.今から始めるならチャットレディがおすすめ!

チャットレディとキャバクラ、今から始めるならどっちにしようかと悩んでいる場合は、チャットレディがおすすめです。

日本は、年々経済状況が悪化傾向にあり、余分な出費を控える男性が増えています。高級なボトルを入れたり、延長や同伴に快く応じてくれたりする男性が減っているため、キャバクラで稼ぐことは難しい状態です。
加えて、感染症対策で不要な外出を控える男性も多いことから、キャバクラで稼ぐためには相当な根気と努力が必要です。

一方、外で遊べないことが影響し、現在はネット社会が大きく賑わっています。キャバクラに行けない代わりにライブチャットを始める男性が増えているため、チャットレディの需要は右肩上がりの傾向です。
キャバクラのように対面で接客する必要がなく、移動の必要性もないチャットレディは、今後おすすめできる仕事と言えます。

チャットレディのほうが将来性はあるため、どっちで悩くべきか悩む人はチャットレディを検討してみましょう。

 

まとめ

今回は、チャットレディとキャバクラの違いに関して、仕事内容や給料面などを中心に解説しました。

チャットレディとキャバクラは、努力次第で高収入を稼げる点が共通しています。しかし、仕事内容・給料システム・働きやすさはそれぞれ異なるため、事前に違いを理解することが大切です。

現在は、ネットが中心の社会になっていることや、感染症対策による外出自粛などの理由から、チャットレディが人気を集めています。将来的に見てもチャットレディのほうが可能性を秘めているため、どっちか悩んだ際はチャットレディがおすすめです。

人気店

各エリア

ランキング

おすすめ記事

RSSリーダーで購読