PAGE
TOP
新人チャットレディ向けお役立ちメディア
view 働き方 給料 チャットレディ
公開日:2021/03/18|最終更新日:2021/03/18

高収入を目指すフリーター女性におすすめの仕事を解説!

高収入を目指すフリーター女性におすすめの仕事を解説!

職業として立場や収入が不安定な場合が多いフリーターの女性には、現状に悩みや問題を抱えている人が数多くいます。セクハラやパワハラに悩んだり、収入の少なさに不安を感じたりすることが多いでしょう。

そこで今回は、フリーターの女性が高収入を目指す際におすすめの仕事を、業界と職種別に解説します。正社員の副業、フリーターの専業どちらにもおすすめの仕事も紹介するため、高収入を得たいフリーターの女性は、ぜひ参考にしてください。

alice

 

1.フリーター女性が抱える仕事に関する悩み・問題

フリーターとして働く女性には、さまざまな理由や事情があるものの、フリーターであるがゆえの悩みや問題は共通点が多い傾向です。

ここでは、フリーターの女性が抱える仕事に関する悩みや問題のなかで代表的な、「セクハラ・パワハラ」と「収入・将来への不安」について解決策とともに解説します。

 

1-1.セクハラ・パワハラ

フリーターの女性が職場に対して抱える悩み・問題としては、セクハラ・パワハラが多く挙げられます。

同性からの被害も発生しやすいパワハラは、職場で立場が弱いフリーターに集中する傾向です。ハラスメントの問題には、下記の解決策があります。

  • ハラスメント行為を記録する
  • 周囲の人に相談する
  • 会社の相談窓口や人事部の担当者に相談する
  • 外部の相談窓口に相談する
  • 仕事を変える

ハラスメントは、自分一人の力で解決できる問題ではありません。ハラスメントに関する事実確認に備えて、ハラスメントが行われた証拠をメモや録音などに残しましょう。
ハラスメントについて相談しても解決の目途が立たない会社の場合は、早々に見限って仕事を変えることも一つの解決策です。

 

1-2.収入・将来への不安

フリーターの女性が仕事に対して抱える悩み・問題には、収入・将来への不安が多く挙がります。

一昔前とは異なり、今は性別にかかわらず経済力や安定性が求められる時代です。ほとんどのフリーターは、正社員と比較して収入が少ない傾向にあります。
一人で生きていくにしても誰かとともに生きていくにしても、ある程度の収入や貯金がなければ常に不安がつきまとうでしょう。将来への不安には、下記の解決策があります。

  • 正社員を目指す
  • スキルを磨ける業界や職種に転職する
  • 高収入の業界や職種に転職する
  • 副業で手取りを増やす

もっとも安定性が高く安心できる選択肢は、高収入でスキルを磨ける業種で正社員となることでしょう。しかし、現在フリーターで働いている人が、すぐに理想的な職場に就職することは非常に困難です。

最終的な目標は高く設定するにしても、まずは長期的な計画のもとで、順を追ってステップアップすることが求められます。ひとまずは現在の生活を安定させられる職業についてから、将来に向かってキャリアプランを練るとよいでしょう。

 

2.高収入を目指すフリーター女性に合った業界

フリーターの女性が転職活動する場合、男性よりも職場探しが難航することがあります。しかし、反対に男性が不利で女性が有利となりやすい業界もあるため、女性の需要が高い業界を選ぶことが高収入を目指す手段として有効です。

ここでは、高収入を目指すフリーターの女性に、おすすめできる3つの業界について解説します。

 

2-1.美容・アパレル業界

美容・アパレル業界は、フリーターの女性におすすめの業界です。

求人数が多い美容・アパレル業界は、条件のよい職場を選びやすい業界となります。また、美容・アパレル業界のユーザーは、女性が大半を占める傾向です。
製品の企画・開発・営業・宣伝・広告と、すべての段階で女性の嗜好や感性が求められるため、従業員のほとんどが女性で構成されている企業も少なくありません。

アルバイトから店長や経営陣へ出世したり独立したりするケースも多く、フリーターの女性が高収入を狙うチャンスが多い業界といえるでしょう。

 

2-2.医療・介護・保育業界

医療・介護・保育業界は、フリーターの女性におすすめの業界です。

医療・介護・保育業界は、物腰が柔らかいイメージがある女性の需要が高く、注意力や対人スキルの高い人に向いています。
特に介護・保育業界は人手不足の職場が多いため、女性であることが理由で不利にはなりません。また、アルバイトであっても職務経験として評価されやすい傾向です。

ただし、医療・介護・保育業界でも高収入の職業に就くためには、資格が必要となります。資格の取得には数年間の通学が必要となることも多いため、医療・介護・保育業界を希望する場合は早めに計画を立てましょう。

 

2-3.IT業界

IT業界は、フリーターの女性におすすめの業界です。

IT業界は実力主義であることが多いため、性別よりも本人のスキルや実績が重視されます。そのため、すでにIT関係の実力と実績がある人はもちろん、未経験者であっても必要な知識と技術を身につけることで、評価される傾向です。

ただし、まったく何の知識もない初心者がいきなり高収入を得られることはありません。 IT業界で高収入を目指す場合は、まず最低限のITスキルを学んでから実績を積み重ねる必要があります。

IT業界は長期的に見ても仕事の多い状況が続くと考えられており、求人数が激減する可能性は低いでしょう。

 

3.高収入を目指すフリーター女性におすすめの職種

職種による向き不向きは、本人の適性によって異なります。しかし、ある程度汎用性が高くフリーターでも比較的採用されやすい職種はいくつか存在します。就きたい職種が思い浮かばない場合は、比較的採用されやすい職種を選ぶことがおすすめです。

ここでは、高収入を目指すフリーターの女性に、おすすめの職種について2つ紹介します。

 

3-1.Webデザイナー・プログラマー

Webデザイナー・プログラマーは、フリーターの女性におすすめの職種です。

Webデザイナー・プログラマーは幅広い働き方に対応しており、会社勤務のほかに在宅勤務やフリーランスで働くことも視野に入れられます。
ある程度の専門知識は必要となるものの、スクールで学ぶ以外にも独学で身につけることも可能であるため、現職と並行してスキルを伸ばすことが可能です。

IT業界の職種であるWebデザイナー・プログラマーは、基本的に実力が重視されます。努力を怠らなければ、年齢や性別にかかわらず高い評価を得られるでしょう。

 

3-2.営業職

営業職は、フリーターの女性におすすめの職種です。

ほぼすべての業界に存在する営業職は需要が高く、未経験からでも実績を出せる業界といえます。学歴や職歴よりも実力が重視され、特に資格は必要ありません。

営業職の仕事は、商品やサービスを顧客へ売り込むことです。採用面接などでコミュニケーション力を発揮し、自分をうまくプレゼンすることで営業職としての実力を示すことができます。

営業職は成績によって収入が増加することが多いため、対人スキルや説明力に自信がある人は、積極的に挑戦するとよいでしょう。

 

4.正社員の副業としてもフリーターの専業としてもおすすめの仕事

正社員向けの副業としても、フリーター向けの専業としても、高収入を目指す女性には「チャットレディ」をおすすめします。

チャットレディは、インターネットを利用してPCやスマホの画面越しに日本全国の男性会員と会話する仕事です。勤務地や出勤日数、仕事時間は自由に設定可能で、完全在宅で も通勤でも好きな勤務形態を選べます。
登録するサイトや所属する事務所によって多少異なりますが、報酬は完全歩合制となっているところがほとんどで、時給換算で3,000~7,000円の給与が見込める仕事です。

特別な応募資格は必要なく、仕事を始めるにあたって初期投資や登録料も必要ありません。チャットレディに興味がある人は、一度サイトを覗いてみることをおすすめします。

 

まとめ

フリーターとして働く女性は職場で弱い立場に立たされることや、収入が少ないことが多く、ハラスメントや将来への不安といった悩みが尽きません。
悩みの解消手段として新たな職業で高収入を目指す際は、求人情報が豊富でフリーターからでも採用されやすい、実力主義の仕事を選ぶとよいでしょう。

ただし、実力主義の職場といっても、実力が認められるまでには数年かかることがほとんどです。できるだけ早く今の収入を増やしたい場合は、短時間でも高収入が得られる「チャットレディ」も検討してみてはいかがでしょうか。

人気店

各エリア

ランキング

おすすめ記事

RSSリーダーで購読